スポンサーリンク

「理解しております」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「理解しております」とは?ビジネス用語【一語】

「理解しております」を解説していきます。

気になるビジネス表現を、正しく学びましょう。

スポンサーリンク

「理解しております」とは?

「理解しております」は心得ていることを示しています。

「しております」「しています」を、恭しく進化させたフレーズです。

既に知っていること、良く分かっている気持ちをあらわしています。

「理解しております」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「理解しております」はビジネスシーンでは、あまり使われていない表現です。

もともと「理解」「ご理解いただけましたでしょうか」のように、相手の行為に対して用います。

そのため自分の行為に対して「理解しております」と伝えると、どことなく違和感を覚えてしまいます。

他の言い回しを引用するなど、慎重に用いていきたいです。

「理解しております」を使った例文

・『承っています』
・『承知しております』
・『存じております』

「理解しております」の類語や敬語での言いかえ

「理解しております」の言い換えとして「承っています」が挙げられます。

「承る」とは、受け取ること、または承知することを指しています。

「承っております」とアレンジして用いていきましょう。

「理解しております」の類似表現

「理解しております」とよく似た表現に「承知しております」があります。

上司にある件について知っているか質問された場合にも使えます。

失礼のない言い回しです。

「理解しております」の敬語表現

さらに丁寧に言いたいなら「存じております」といいます。

「存じている」「知っている」の謙譲語としての働きがあります。

あるニュースや情報を知っている場合に使えます。

例を挙げるなら「その件につきましては、確かに存じております」となります。

もし対象が人である場合は「存じております」ではなく「存じ上げております」と言い換えます。

例えば「鈴木様のことは存じ上げております」のように用います。

使い分けに、配慮しておきましょう。

「理解しております」の返答や返信例

このフレーズに対する返答文として、どのような言葉が適切でしょうか。

もし取引先の方だったら、素直にこちらの不備を謝ります。

「大変失礼いたしました。

お詫びいたします」
「もうご存知だったのですね。

どうぞ、ご放念ください」
とお伝えします。

相手のプライドを傷つけない言い回しを選んでおきましょう。

まとめ

「理解しております」の意味と使い方を学びました。

この表現はビジネスシーンでは、あまり使われていない表現です。

同じような働きの言葉を学んで、その場に合った言い回しを用いていくと良いです。

語彙力を養って、できるビジネスマンを目指していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました