スポンサーリンク

「様変わり」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「様変わり」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では、ビジネスシーンでも使われることが多い言葉の「様変わり」について、その意味や使い方や言い換え等を分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「様変わり」とは?意味

「様変わり」の読みは「さまがわり」「様子や情勢がすっかり変わること」を意味する言葉です。

「様」「様子や状態」を意味する言葉なので、それが「変わる」と言う意味で、「様変わり」の意味は、何となく推察できることと思います。

「様変わり」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

世の中は常に変化しており、年月を経ることで大きな変化を起こすことはしばしばあります。

大都会においては高層ビルが林立し、新たな大型商業施設等が開業したりと、再開発が進む街では10年もすれば、すっかり街が変化していることに驚かされます。

これは多くの方が気付かれる「様変わり」の典型例です。

ビジネスにおいても、10年一日のような仕事ぶりでは企業は衰退してしまいます。

飲食店等なら業態を変えたり、メーカーなら生産販売する商品を技術の変化と社会ニーズの変化に合わせて変化させていく必要があります。

また仕事の進め方ややり方も、時代に合わせて変化させ、効率を高め続けることが必要です。

企業の寿命は50年と言われる中で、100年企業となるような企業では、10年を経て過去を振り返れば、企業の姿や仕事のやり方等がすっかり「様変わり」しているはずなのです。

「様変わり」は、以上の例の様に、時間の経過により、「様子や情勢がすっかり変わっていること」に気付いた時に「すっかり様変わりした」「すっかり様変わりしてしまった」等の表現で使われることが多い言葉なのです。

「様変わり」を使った例文

・『久しぶりに故郷の町に戻り、すっかり様変わりしていることに驚きました』
・『10年を経て振り返れば、大きく様変わりしたことに気付くほど、日々変革を続けることがビジネスでは大切です』
・『新型コロナの世界的な蔓延は、人々の生活スタイルに大きな様変わりをもたらせた』

「様変わり」の類語や言い換え

「様変わり」は、その変化が早い点を強調して「目まぐるしい変化」「急速な変化」等と、言い換えられます。

また、その変化が驚くほど大きいことの意味を強調して、「大きな変化」「激変」「一変する」「豹変する」「変貌する」等と言い換えることも出来ます。

さらに、意図的に「様変わり」させる場合には、「方向転換」「逆転の発想」等を言い換えとして使われることもあります。

まとめ

「様変わり」とは、「様子や情勢がすっかり変わること」を意味する言葉です。

一般的には、比較的早い変化、大きな変化に対して使われる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました