スポンサーリンク

「梅雨空の候」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「梅雨空の候」とは?ビジネス用語【一語】

「梅雨空の候」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「梅雨空の候」とは?

「梅雨空の候」は、時候の挨拶のひとつです。

「梅雨の候」という季語がありますが、この言葉を少し応用したのが「梅雨空の候」だと言えるでしょう。

この「梅雨の候」というのは6月下旬を示す季語です。

そのため、6月中旬では早く、7月初旬では遅いのです。

そう考えるt、かなり限られた期間にしか使用できない言葉と言えます。

時候の挨拶を使用する場合は、意外に季節感のスパンが短いことに注意しましょう。

それぞれの季語が示す期間は、厳密にはそれぞれ10日程度の期間でしかないのです。

「梅雨空の候」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

「梅雨空の候」をビジネスで使用する場合、どんな使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが仕事での関係先に挨拶状を書くことになったとします。

内容は、日頃の感謝を示すものでした。

しかし、挨拶状というのは書く機会の少ないものです。

そのため、どのような挨拶文で書き出すべきかが分からないのでした。

このような場合には、「梅雨空の候、ご健勝のこととお喜びいたします」と記載するとよいでしょう。

これにより、季節感を示す言葉と、定番の挨拶文を同時に述べる事ができるのです。

この言葉を使用する場合は、使用する時期に注意しましょう。

この言葉は6月下旬の季語なのです。

時期感を間違えると、わざわざ使用した季語が効力を失ってしまうのです。

「梅雨空の候」を使った例文

「梅雨空の候」を使った例文を挙げます。

例文のように、単独で使用してもよいですし、言葉を加えてアレンジするのもよいでしょう。

・『梅雨空の候、ますますご健勝のことと存じます』
・『梅雨空の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか』
・『梅雨空の候、お変わりございませんか』

「梅雨空の候」の類語や敬語での言いかえ

「梅雨空の候」の類語や敬語を解説していきます。

「梅雨空の候」の類似表現

「梅雨空の候」の類似表現には、「向暑の候」があります。

「暑さに向かう頃」ということで、こちらも6月下旬を示す季語なのです。

「梅雨空の候」の敬語表現

「梅雨空の候」は季語であるため、単独で敬語表現にすることはありません。

敬語表現する場合は、組み合わせる言葉で実現するのです。

たとえば、「梅雨空の候、ご健勝のことと存じます」のように表現することが可能です。

まとめ

このように「梅雨空の候」は、6月下旬に使用できる事項の挨拶文です。

定番の挨拶フレーズと組み合わせることで、季節の挨拶文を作成できるので、おぼえておくと便利に使えることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました