「届けてくださいました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「届けてくださいました」とは?ビジネス用語【一語】

「届けてくださいました」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「届けてくださいました」とは?

これは、「届けてくれた」を敬語にした言葉です。

「届ける」「届くようにする」という意味を持ちます。

これは、荷物などが手元まで到達するように仕向けることを表現した言葉なのです。

また、「届けてくれた」「届けてくれる」の過去形になります。

そして「届けてくださった」は尊敬語に言い換えた形になるのです。

ここでは、丁寧語の「ます」を組み合わせて、語尾を変化させています。

たとえば、「忙しい中、届けてくれたみたいです」と使用できます。

これらのことから、この言葉が「届けてくれた」を敬語にしたものだと分かるのです。

「届けてくださいました」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある荷物の配送を依頼したとします。

すると、相手はすぐに対応してくれたのでした。

このようなケースで、「急ぎで依頼したら、早速届けてくださいました」と伝えるとよいでしょう。

これにより、すぐに届けてくれたことを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「届けてくださいました」の表現方法に注意するべきです。

これは「届けてくれました」に変更できます。

また、「お届けくださいました」と言い換える事もできるのです。

このように、同じような意味であっても、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「届けてくださいました」を使った例文

例文のように、適した言葉を組み合わせると、自然な使い方ができるようになります。

・『忙しいにもかかわらず、届けてくださいました』
・『急ぎでお願いしたところ、すぐに届けてくださいました』
・『昨日依頼したばかりなのに、早速届けてくださいました』

「届けてくださいました」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「届けてくださいました」の類似表現

たとえば、「届けてくれました」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「届けてくださいました」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「届けていただきました」に言い換えできます。

まとめ

このように、「届けてくれた」を敬語にしたものとして、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。