「来てくれて」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「来てくれて」とは?ビジネス用語【一語】

「来てくれて」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「来てくれて」とは?

これは、「来る」という行為を与えられる状況で使用される言葉です。

「来てくれて」「来る」という行為を「してくれる」様子を表現しています。

そして「してくれる」は、相手から行為を与えられるような様子を表現しているのです。

つまり、自分にとって望ましいような行動を、相手が実行してくれる様子を「してくれる」と表現できます。

ここでは、相手が自分のために「来る」という行動を取ってくれた様子を表現しているのです。

たとえば、「来てくれてありがとう」という形で使用できます。

これらのことから、この言葉が「来る」という行為を与えられる状況で使用されるものであると分かるのです。

「来てくれて」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、先輩が仕事を手伝いに来たとします。

そして、そのことに感謝する気持ちを、先輩に伝えようと思ったのです。

このようなケースで、「今日は本当に、来てくれて助かりました」と伝えるとよいでしょう。

これにより、相手が「来る」という行為を実施してくれた様子を、上手に表現できるのです。

この言葉を使うときは、「来てくれて」の表現方法に注意するべきです。

これは「来てくださり」で尊敬語になります。

また、「来てくださいまして」と言い換える方法もあるのです。

さらに、謙譲語で「来ていただき」と表現する方法もあります。

他にも「お越しくださり」が類似表現と言えでしょう。

このように、敬語の使い方次第で印象の違う表現になります。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「来てくれて」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『来てくれてありがとう』
・『来てくれて嬉しいです』
・『来てくれて本当に助かりました』

「来てくれて」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「来てくれて」の類似表現

たとえば、「来てもらって」が類似表現になります。

「来てくれて」「来てもらって」は、同じような意味で使えるのです。

「来てくれて」の敬語表現

これを敬語表現にすると、「来てくださり」に言い換えできます。

なお、これは尊敬語を使った表現になっているのです。

まとめ

このように、「来る」という行為を与えられる状況で、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。