「先ほどお電話させていただきましたが」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「先ほどお電話させていただきましたが」とは?ビジネス用語【一語】

「先ほどお電話させていただきましたが」とは?

ビジネスにおける使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「先ほどお電話させていただきましたが」とは?

これは、少し前に話したということを丁寧に伝える言葉です。

「先ほど」は、少し前の過去を示す意味を持ちまっす。

これは「さっき」「少し前に」などが類似表現になるのです。

また、「お電話させていただく」「電話させてもらう」を謙譲語にしたものになっています。

このような表現は、相手が自分の行為に関与している様子を言い表すのです。

なお、「いただく」「いただきました」にすると、丁寧語を組み合わせた過去形の表現になります。

さらに、語尾に「が」を加えると、この後に文章が続くものと推察できるようになるのです。

これらのことから、この言葉が少し前に話したということを丁寧に伝えるものであると分かるのです。

「先ほどお電話させていただきましたが」のビジネスにおける使い方、使うときの注意点

たとえば、ある人物に電話するようにと、上司から指示を受けたとします。

しかし、相手に電話したところ、本日は不在とのことだったのです。

このような状況で、「先ほどお電話させていただきましたが、ご不在のようでした」と言うとよいでしょう。

これによって、少し前に電話させてもらったことを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「お電話させていただきましたが」の表現方法に注意するべきです。

これは「お電話いたしましたが」に言い換えたほうが、簡素な表現になります。

このように、同じような意味でも、複数の表現手段が存在します。

実際の状況に応じて、適した言葉を選ぶとよいでしょう。


「先ほどお電話させていただきましたが」を使った例文

ここでは例文を挙げています。

このように、前段の内容に応じた言葉を、続けて述べるとよいでしょう。

・『先ほどお電話させていただきましたが、ご不在のようでした』
・『先ほどお電話させていただきましたが、いらっしゃらなかったのです』
・『先ほどお電話させていただきましたが、出てくれませんでした』

「先ほどお電話させていただきましたが」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「先ほどお電話させていただきましたが」の類似表現

これの類似表現として、「さっきお電話させていただきましたが」が挙げられます。

「先ほど」「さっき」は、同じような意味で使える言葉になっているのです。

「先ほどお電話させていただきましたが」の敬語表現

この言葉を別な敬語表現にすると、たとえば「先ほどお電話いたしましたが」に言い換える事が可能です。

まとめ

このように、少し前に話したということを丁寧に伝える場合に、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使えますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。