スポンサーリンク

「心がけます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「心がけます」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「心がけます」について解説をします。

スポンサーリンク

「心がけます」とは?意味

気をつけるようにする、いつも心にとどめておくようにする、といった意味です。

「心がけます」は、「心がける」「ます」をつなげています。

「心がける」とは、気をつける、いつも注意を向けているという意味です。

「心」には、物事に対する興味・関心、人間の知性や感情などの動きのもととなるもの、気をつけること、考えという意味があります。

「かける」は、心の働きにとめるという意味です。

「ます」は敬意を表す語です。

「心がけます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、いつも何かに注意を向けるつもりであることや、気をつけるつもりであることを伝える際に用います。

たとえば、デスクの上がいつも汚い人がいるとします。

この人のデスクの上には、常に今にも崩れそうなほど書類が山積みになっています。

他の人たちが見て、どこに何があるのかわかりません。

本人もどこに何があるのかわからないことがあり、そのためなのか必要なものを探すために時間がかかっています。

そのことを上司に指摘されてしまい、「片づけなさい」と注意を受けました。

デスクが汚い人は、注意を受けて「いつもきれいにしておこう」「これからは片づけるようにしよう」という気持ちになりました。

その気持ちを常に持つようにしていくつもりです。

その気持ちを「掃除するように心がけます」のように表現します。

この言葉の前には、何を心がけるのかを表す言葉がきます。

具体的にどういった行動をしていくのかも伝えると、本当にやる気があるのだということが伝わります。

「心がけます」を使った例文

・『メモをするように心がけます』

・『遅刻しないように心がけます』

「心がけます」の返答や返信例

何を心がけるのかによって、返答の内容は多少変わります。

遅刻しないように心がけるという場合なら、どうすれば遅刻をせずに済むのかアドバイスをしたり、気をつけるようにと念を押したりすることになるでしょう。

片づけるように心がけるという場合であれば、片付けの手伝いをしたり、片づけ方のアドバイスをすることになることでしょう。

さまざまな場面で使われる言葉で、さまざまな返答の仕方があります。

注意をするだけでなく、どうすればよいのかも伝えると、相手は行動をとりやすくなります。

相手はやり方をわからないのかもしれません。

そのために行動できていないこともあるので、具体的な行動を示すことが望ましいです。

まとめ

この言葉は、何かを気をつけるようにするときに用いるものです。

いつもそのことを忘れないようにして気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました