スポンサーリンク

「多角的に」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「多角的に」とは?ビジネス用語【一語】

「多角的に」というビジネス用語の意味・使い方・類語・英語を分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

「多角的に」とは?

「多角的に」とは、「一つの仕事だけをするのではなくて色々な種類の仕事をすること+一つのビジネスを色々な面から分析すること」を意味しているビジネス用語です。

「多角的に」というのは、「一つのジャンルのビジネスだけに専念するのではなくて、多方面に色々な種類のビジネスを展開していくさま」を示しているのです。

「多角的に」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「多角的に」のビジネスでの使い方は、「単一のジャンルの仕事だけにとどまることなく、色々なジャンル(分野)の仕事へと広げていく場合」に使うという使い方になります。

「多角的に」は、「多方面のさまざまな種類の仕事の分野へ広げていって」といった意味合いで使われているのです。

使うときの注意点は、「複数の色々なビジネスの分野を手がけている場合」だけでなく「一つのビジネス・企業活動を多方面から分析している場合」にも使えるということです。

「多角的に」を使った例文

「多角的に」のビジネス用語を使った例文を紹介していきます。

・『飲食店の事業だけではなく、アパレルなども多角的に経営していますが業績は順調です』
・『多角的にビジネスを押し広げていく場合の注意点は、ノウハウがよく分からないジャンルの新規事業に手を出さないことです』
・『自社の経営状況を多角的に分析した結果、不採算な店舗を5店舗ほど閉店することに決めました』

「多角的に」の類語での言いかえ

「多角的に」という言葉の類語での言い換えを紹介していきます。

「多角的に」の類似表現

「多角的に」の類似表現には、以下のような言い回しがあります。

・『多面的に』
・『同時並行的に』
・『色々な』
・『様々な』

多角的に」の言葉は、「いろいろな方面から分析したり解釈したりするさま」の意味を持っていて「多面的に」で言い換えることができます。

「多角的に」には、「同時並行的に色々な仕事を進めていく」といったニュアンスもあります。

またシンプルな言い回しである「色々な」「様々な」といった類似表現でも言い換えることが可能なのです。

「多角的に」の英語表現

「多角的に」を英語で表現すると以下のようになります。

・『many directions』
・『many-sided』
・『various』

多角的に」を直接的に英語で言い表すと、「many directions(色々な方向性)」や「many-sided(色々な立場・側面)」になります。

「多角的に」というビジネス用語は、「色々な・さまざまな」の意味を持つシンプルな英語である「various」でも表現することができます。

まとめ

「多角的に」というビジネス用語を徹底的に解説しましたがいかがでしたか?「多角的に」の意味・使い方・類語・英語について調べたいときは、この記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました