スポンサーリンク

「納入いただきますようお願い致します」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「納入いただきますようお願い致します」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「納入いただきますようお願い致します」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「納入いただきますようお願い致します」とは?

「納入いただきますようお願い致します」は、相手に納入をお願いする場面で使用できる言葉です。

「納入」「納め入れること」を意味します。

これに謙譲語の「いただく」を組み合わせれば、「納め入れてもらう」という意味の言葉になります。

ここでは語尾に丁寧語の「ます」と婉曲表現の「よう」を加えています。

このようにすることで、遠回しな表現を生みだす事ができるのです。

ここでは「ますよう」で語尾を終えた事によって、「お願い致します」を続ける必要が生じています。

このように表現すれば、より丁寧な印象を演出する事ができるのです。

なお、ここでも「致します」という謙譲語が使用されています。

「納入いただきますようお願い致します」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「納入いただきますようお願い致します」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが委託先に作業を依頼したとします。

そして、作業結果を早く納め入れてほしい事を、お願いすることにしたのでした。

このような場合には、「できるかぎり早めに、納入いただきますようお願い致します」と述べるとよいでしょう。

これにより、納め入れてもらいたい事を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する場合は、「ますよう」の使い方に注意しましょう。

これは冗長な表現を生みだすものです。

文章を遠回しにすることで、丁寧な印象を表現するのです。

そのため、文章全体が長くなってしまいうのです。

使用する場合には、十分に注意するとよいでしょう。

「納入いただきますようお願い致します」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、前段に少し説明を加えると、自然な印象の表現を作成できるのです。

・『できれば、早めに納入いただきますようお願い致します』
・『できるかぎり早く、納入いただきますようお願い致します』
・『もし可能でしたら、月末までに納入いただきますようお願い致します』

「納入いただきますようお願い致します」の類語と敬語での言いかえ

「納入いただきますようお願い致します」の類語と敬語を解説していきます。

「納入いただきますようお願い致します」の類似表現

この言葉の類似表現には、「納入のほどお願い致します」があります。

「いただけますよう」「のほど」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「納入いただきますようお願い致します」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「納入くださいますようお願い致します」に言いかえできます。

まとめ

このように「納入いただきますようお願い致します」は、相手に納入をお願いする場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました