「先ほどはお電話ありがとうございました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「先ほどはお電話ありがとうございました」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「先ほどはお電話ありがとうございました」について解説をします。

「先ほどはお電話ありがとうございました」とは?意味

少し前に電話をくれたことへのお礼の言葉です。

「先ほど」には、少し前という意味があります。

時間的にどれくらい前なのか定義はありません。

「お電話」は、電話を丁寧な言い方にしたものです。

名詞に「お」をつけると丁寧な表現になります。

「ありがとうございました」は感謝の気持ちを表す言葉です。

「ございました」は、「ある」の意の丁寧語の「ございます」と、過去や完了を表す「た」をつなげています。

感謝するようなことはすでに起こっているということです。

「先ほどはお電話ありがとうございました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、少し前に相手から電話をもらっているときに使用をします。

こちらからかけ直すときにも、相手が再度電話をしてきてくれたときにも使用できるものです。

また、先ほど相手が電話をしてきて、こちらからメールを返すときにも使用します。

たとえば、ある製品についての問い合わせを他社から受けたとします。

この問い合わせは電話で行われました。

そのときには、詳しい情報を伝えることができなかったため、詳しい事柄をメールで伝えることにしました。

そのときに、メールの冒頭でこの言葉を使用します。

メールの冒頭の文章はワンパターンになってしまいがちですが、シーンにあわせて言葉を選べば、好感を持ってもらえる可能性があります。

最初にお礼を述べておくと、よい印象があります。

お礼を伝えるときに「すみません」を使う人もいますが、「ありがとう」の方が好ましい印象を与えられます。

また、「すみません」は依頼をするときにも使われる言葉なので、お礼の際には「ありがとう」と述べた方がよいでしょう。


「先ほどはお電話ありがとうございました」を使った例文

・『先ほどはお電話ありがとうございました。○○について確認いたしました』

「先ほどはお電話ありがとうございました」の返答や返信例

この後に用件が伝えられるので、その内容を読んだり聞いたりします。

相手が伝えてくる内容によって、返事をすることもあれば、しないこともあります。

問い合わせをして、それに対する答えをくれたときには、お礼を伝えます。

企業側からお客さまへの連絡の場合は、返事をしないこともあります。

まとめ

この言葉は、少し前に他人から電話をもらっていて、それに返事をするときに使用をします。

電話やメールでの冒頭の言葉はいつも同じになってしまいがちです。

この言葉以外にもいろいろなものを知っておくと、シーンにあわせて対応できます。