スポンサーリンク

「忘れてください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「忘れてください」とは?ビジネス用語【一語】

「忘れてください」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「忘れてください」とは?

「忘れてください」は、「忘れてくれ」を意味する言葉です。

ここでは敬語を使用することによって、言葉が言い換えられています。

「ください」「くれ」を意味する尊敬語です。

「くれ」には相手に行動を要求する意味があるのです。

「食べてくれ」「指示してくれ」のように使用できます。

これを尊敬語に言い換えれば「お食べください」「ご指示ください」のようになります。

ここでは「忘れて」という言葉と組み合わせて「忘れてください」と表現することで、相手に忘れてくれるように要求している事になるのです。

「忘れてください」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「忘れてください」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、取引先と契約を進めていたとします。

しかし、会社の方針で、急に契約を白紙に戻す事になったのでした。

このような場合には、「今回の件は、どうか忘れてください」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に対して忘れてくれるように、丁寧な言葉で要求できるのです。

この言葉を使用するときには、「ください」の使い方に注意しましょう。

「ください」は、アレンジが多彩な言葉です。

「くださいますか」「くださいませ」「くださいますようお願いいたします」などのように、語尾を変更することで、印象を変化させる事ができるのです。

状況に合わせて、上手にアレンジして使用するとよいでしょう。

「忘れてください」を使った例文

「忘れてください」を使った例文を挙げます。

例文のように、忘れて欲しい対象を先に述べるようにすると、分かりやすい文章を作成できます。

・『昨夜の失態は、どうか忘れてください』
・『契約を進めていた件は、忘れてください』
・『今回の件は中止になってしまいましたので、全て忘れてください』

「忘れてください」の類語と敬語での言いかえ

「忘れてください」の類語と敬語を解説していきます。

「忘れてください」の類似表現

「忘れてください」の類似表現には、「お忘れください」があります。

「忘れてください」「お忘れください」は、同じ意味で使用できる言葉なのです。

「忘れてください」の敬語表現

「忘れてください」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「忘れていただきたく」に言いかえできます。

まとめ

このように「忘れてください」は、相手に忘れて欲しい場合に、使用できるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました