スポンサーリンク

「ご活躍のことと存じます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご活躍のことと存じます」とは?ビジネス用語【一語】

「ご活躍のことと存じます」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご活躍のことと存じます」とは?

「ご活躍のことと存じます」は、「活躍していると思う」との意味で使用される言葉です。

ここでは、敬語表現を使用して言葉が言い換えられています。

「活躍」とは、「めざましく活動すること」「活発に動きまわること」を意味する言葉です。

これに接頭語の「ご」を付与して「ご活躍」とすることで、相手に敬意を示す言葉に言いかえています。

また、「存じます」「存ずる」「ます」で構成されています。

「存ずる」「思う」の謙譲語です。

「思う」をへりくだって表現することで、相手への敬意を表しているのです。

なお、ここでは丁寧語の「ます」を付与することで、「存じます」という形に変形しています。

「ご活躍のことと存じます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご活躍のことと存じます」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、あなたが先輩に手紙を書く事にしたとします。

先輩とは転勤して離れてしまいましたが、久しぶりに連絡しようと考えたのです。

このような場合には、「ますますご活躍のことと存じます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手がめざましく活動しているであろう様子を、上手に言い表す事ができるのです。

この言葉を使用する場合には、「存じます」の使い方に注意しましょう。

これは謙譲表現です。

そして、文語でのお使用が多い言葉でもあります。

会話で使用しても問題はありませんが、少し堅苦しい表現になります。

使う場面によっては、過剰な敬語に聞こえてしまう言葉ですので、注意して使用するとよいでしょう。

「ご活躍のことと存じます」を使った例文

「ご活躍のことと存じます」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、冒頭に言葉を少し加えてアレンジする事も可能です。

・『ご活躍のことと存じます』
・『ますます、ご活躍のことと存じます』
・『以前と変わらず、ご活躍のことと存じます』

「ご活躍のことと存じます」の類語と敬語での言いかえ

それでは「ご活躍のことと存じます」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「ご活躍のことと存じます」の類似表現

「ご活躍のことと存じます」の類似表現には、「ご活躍のことかと存じます」があります。

「ことと」「ことかと」は、同じような意味で使用できる類似表現だと言えるのです。

「ご活躍のことと存じます」の敬語表現

「ご活躍のことと存じます」を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「ご活躍のことと存じ上げます」のように言いかえできます。

まとめ

このように「ご活躍のことと存じます」は、相手の活躍を思うことを表すフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました