スポンサーリンク

「お待たせしてすみません」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お待たせしてすみません」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「お待たせしてすみません」という言い回しについての解説です。

スポンサーリンク

「お待たせしてすみません」とは?意味

「お待たせしてすみません」は、相手側を待たせたという事実に対して謝罪をすることです。

よって、すみませんとあり、すみませんが謝罪を意味します。

ただ、すみませんという言葉は、実は謝罪の言葉としては弱いのでビジネスなんかでは、失礼な表現になりますので、「お待たせして申し訳ございません」のほうが良い表現でしょう。

なぜなら、すみませんは、謝罪をする文言としては弱い表現で短絡的に事実をそのまま謝っているだけで、申し訳ないという強いイメージがないので、ビジネスにおいて、イメージ付けをして心から申し訳ないというイメージを相手に向けたほうが印象が変わるので、印象を操作するために、「お待たせして申し訳ございません」という言い回しをしたほうがよいでしょう。

「お待たせしてすみません」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「お待たせしてすみません」はビジネスでは相手を待たせたという事実に対して即座に反応して謝罪する際に使用します。

ですが、この言葉は、謝罪としては弱い言葉なので、「お待たせして申し訳ございません」のほうが良い表現法になります。

つまり、日常的にすみませんと謝っている人はビジネスでとっさに謝罪をする際、すみませんと言ってしまいがちで申し訳ございませんという言葉が出てこないので日常から申し訳ございませんを使うなどをして謝罪のイメージを強くするのが良いでしょう。

「お待たせしてすみません」を使った例文

・『お待たせしてすみません、社長がたった今到着しました』

「お待たせしてすみません」の返答や返信例

「お待たせしてすみません」についての返事は、相手側が待たせたという事実に対して一応謝罪をしているのですから、「いえいえお気になさらず」とか、「遅刻ですよ」という具合に相手が遅れたことに対して許すか、許さないという回答が可能です。

なお、待たされた側がすごく偉い立場であれば、待たずに帰るという選択も可能です。

この言葉に対する回答はおそらく偉い立場にあれば、かなり自由に回答でき、待たずに帰るという選択も可能な上、「すみませんでは済まない」と言ってのけることですら可能でしょう。

まとめ

「お待たせしてすみません」は、謝罪を示す言葉としてはかなり弱いです。

なぜなら、申し訳ないという文言がないので、「お待たせして申し訳ございません」のほうが謝罪をするという印象を強く与えます。

ビジネスでは印象を与えるということはかなり重要で印象が良くなる表現のほうがビジネスでは相手側に好意を持ってもらえるので得です。

なので、損得ということを考えた場合、言葉遣いによる謝罪を会話に混ぜるというのは有効な手段になります。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました