スポンサーリンク

「ご遠慮いただけますでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご遠慮いただけますでしょうか」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「ご遠慮いただけますでしょうか」について解説をします。

スポンサーリンク

「ご遠慮いただけますでしょうか」とは?意味

控えてもらえますか、やめてもらえますかという意味です。

「ご遠慮」「遠慮」「ご」をつけて、その行為をする人に対して敬意を表す言い方にしたものです。

「遠慮」には、自制などをしてやめる、ふさわしい程度を超えないようにするという意味があります。

「ご」は、他人の行為を表す語について、その人に対する尊敬の意を表すものです。

この場合は、遠慮をするのは聞き手で、その人に対して尊敬の意を表しています。

「いただけ」「いただく」のことで、話し手や動作の受け手にとって恩恵になる行為を他人から受ける意を表すものです。

「ます」は敬意を表す語、「でしょうか」「だろうか」の丁寧な表現で問いかけの意を表す語になります。

「ご遠慮いただけますでしょうか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、聞き手に何かを控えて欲しいときに使用をします。

「ご遠慮いただけ」と表現をすることで、聞き手に対して敬意を表しているので、目上の人やお客さまなどに対して述べても失礼にはなりません。

たとえば、飲食店でタバコを吸って欲しくない店が、タバコを吸っている人をみかけたとします。

そのときに、この言葉を使用します。

タバコを吸わないで欲しい、この場所ではやらないで欲しいという意になります。

「ご遠慮ください」と伝えることもできるのですが、それだと強く出ているように受け取られてしまうことがあります。

強い態度だと、反発されてしまったり、大事になったり、トラブルの原因になったりします。

この言葉の場合は問いかけの形にして、「そうして欲しい」と穏やかに伝えています。

しかし、そうしなさいと命令しているわけではないので、話し手が希望する事柄を行ってくれない可能性があります。

「ご遠慮いただけますでしょうか」を使った例文

・『喫煙はご遠慮いただけますでしょうか』

「ご遠慮いただけますでしょうか」の返答や返信例

何かを遠慮するようにと求められているので、その事柄を行うのは控えることが望ましいです。

それを行うことで他人の迷惑をかけてしまいます。

どうしてもそれを行わなければならない場合には、それをしなければならない事情を説明し、行うことについて許可を得てください。

許可を得られなければ、それを行うことを控えます。

または、別の場所に移動をするなど、迷惑にならないように配慮をします。

まとめ

この言葉は、聞き手に何かをやらないで欲しいときに使用をします。

丁寧にお願いをすれば、こちらの事情を理解してくれて、行動することを控えてくれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました