スポンサーリンク

「お邪魔させて頂きます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お邪魔させて頂きます」とは?ビジネス用語【一語】

「お邪魔させて頂きます」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言いかえ方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「お邪魔させて頂きます」とは?

「邪魔」は、「物事の進行を阻害すること」を意味します。

これに接頭語の「お」を付けて「お邪魔」とすることで、丁寧な言葉にしています。

また、ここでは「させてい頂きます」を使用しています。

これは、「させてもらう」を意味する言葉です。

「頂きます」は、「頂く」に丁寧語の語尾「ます」を付与したものです。

そして「頂く」は、「もらう」を意味する謙譲語なのです。

たださい、「させて頂く」は冗長な表現でもあります。

多くの場合に「いたします」で言いかえたほうが簡潔になります。

ここでも、「お邪魔いたします」と言いかえできます。

この場合は、意味が変わらずに完結な表現になるのです。

「お邪魔させて頂きます」のビジネスでの使われ方、使うときの注意点

それでは「お邪魔させて頂きます」のビジネスでの使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが会議に飛び入り参加することにしました。

それはWeb会議で、あなたは参加するつもりがありませんでした。

しかし、会議の間に、あなたの意見も聞くべきだという話になり、チャットで参加要請が来たのです。

このような場合には「お邪魔させて頂きます」と述べるとよいでしょう。

これにより、当初の参加者ではないあなたが、会議の進行を一時的に阻害することを、上手に表現できるのです。

この言葉を使用する場合、語尾の使い方に注意しましょう。

「させて頂きます」は、頻繁に使われる表現です。

誤りではありませんが、短く言いかえることが可能な場合が多いのです。

使う場合には、簡素な表現にできないかを、一度考えてみるとよいでしょう。

「お邪魔させて頂きます」を使った例文

ここでは「お邪魔させて頂きます」を使った例文を挙げていきます。

例文のように、単独で使用してもよいですし、言葉を加えてアレンジするのもよいでしょう。

・『お邪魔させて頂きます』
・『私も、お邪魔させて頂きます』
・『申し訳ございませんが、少しだけお邪魔させて頂きます』

「お邪魔させて頂きます」の類語と敬語での言いかえ

それでは「お邪魔させて頂きます」の類語と敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「お邪魔させて頂きます」の類似表現

「お邪魔させて頂きます」の類似表現には、「失礼いたします」が挙げられます。

このこと言葉は、何かに割り込む場合にも使えますし、退社や退出でも使用される汎用性の高い言葉です。

「お邪魔させて頂きます」の敬語表現

「お邪魔させて頂きます」を敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば「お邪魔致いたします」という言いかえが可能です。

まとめ

このように「お邪魔させて頂きます」は、何かの進行を阻害するような場面で使用できる、便利な定番フレーズです。

ビジネスでも使用できるものなので、上手に活用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました