「お見苦しい」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「お見苦しい」とは?ビジネス用語【一語】

「お見苦しい」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「お見苦しい」とは?

「お見苦しい」「見苦しい」を丁寧に表現した言葉です。

そして「見苦しい」「みっともない」との意味で使用されます。

ビジネスでこの言葉を使用する場合は、自分や自分達を示して使います。

たとえば「お見苦しい状態で」などと表現すると、自分のみっともない状態を示せるのです。

この言葉は「見るに苦しい」「見るに堪えない」という言葉から想像できるとおり、相手に不快な思いをさせるような状態を示しているのです。

「お見苦しい」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「お見苦しい」のビジネスでの使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが顧客に資料を提出することになりました。

しかし、提出期限があまりにタイトだっため、資料の体裁を整えたり、最終チェックする時間を確保できませんでした。

このような場合は、「お見苦しい箇所があるかもしれませんが、どうかご容赦ください」と述べるとよいでしょう。

これにより、自分でみっともない状態を予告し、相手の印象を緩和させる効果があるのです。

この言葉を使用する場合は、丁寧な表現であることに注意しましょう。

目上の人には「お見苦しい」と表現したほうがよいでしょう。

しかし、そうでなければ「見苦しい」と使ってもよいのです。

相手に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「お見苦しい」を使った例文

ここでは「お見苦しい」を使った例文を挙げていきます。

「お見苦しい」「みっともない」と同じ意味だと理解すると、上手に使う事ができるはずです。

・『お見苦しいところをお見せいたしました』
・『お見苦しいかぎりで、大変恐縮でございます』
・『このようなお見苦しい状態で申し訳ないのですが』

「お見苦しい」の類語や敬語での言いかえ

それでは「お見苦しい」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「お見苦しい」の類似表現

「お見苦しい」の類語は、「みっともない」が挙げられます。

これは、単純に置き換えるだけでも成立する、意味の近い言葉と言えます。

ただし、丁寧語の表現がなくなるため、置き換える場合には注意しましょう。

「お見苦しい」の敬語表現

「お見苦しい」を単体で敬語表現に言い換えるのは難しいでしょう。

敬語表現にする場合は、語尾などで工夫する必要があります。

たとえば「お見苦しい限りでございます」などの表現が考えられるでしょう。

まとめ

このように「お見苦しい」は、「みっともない」ことを少し丁寧に表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。