スポンサーリンク

「お読みいただきありがとうございます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お読みいただきありがとうございます」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「お読みいただきありがとうございます」という言葉について説明していきます。

スポンサーリンク

「お読みいただきありがとうございます」とは?

文章を読んでくれてありがとうございますという意味の言葉で、印刷物、手書きを問わず紙に書かれたもの、看板や掲示物、インターネット上の文章など様々なものに対して使うことができます。

文章の最後、あとがきなどに使われるケースが多い言葉ですが、会議資料などを読んだお礼として口頭で使うこともある言葉です。

「最後までお読みいただきありがとうございます」とする使い方もありますが意味はほぼ同じととらえて良いでしょう。

「お読みいただきありがとうございます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスの場では資料、説明書、仕様書などを読んだというケースで使うことが多い言葉で、完成段階ではない書類であればその後に「気になる点があったらお知らせください」と付ける場合もあります。

接客での使用ケースは利用規約などを読んでもらう、契約の必要項目を読んでもらうというシーンで使われ、対面接客、訪問接客での使用が中でも多いと言えます。

インターネットの記事での使用も多い言葉です。

「お読みいただきありがとうございます」を使った例文

・『資料をお読みいただきありがとうございます』
会議の資料を読んでもらったというケースの使用例でこの場合口頭でも使うこともあります。

・『最後までお読みいただきありがとうございます』
インターネットの記事、マンガや小説などのあとがきなどでも使われるケースです。

契約の詳細を読んだという確認の際は口頭でも使われます。

・『お読みいただきありがとうございます、訂正の必要な箇所などがあればお伝え下さい』
完成前のたたき台の文章を読んでもらったケースの使用例です。

「お読みいただきありがとうございます」の類語や敬語での言いかえ

「お読みくださりありがとうございます」「読んでいただいてありがとうございます」などが挙げられます。

敬語ではない場合「読んでくれてありがとう」が同じ意図となります。

「お読みいただきありがとうございます」の類似表現

「お読みくださってありがとうございます」も類語ではありますが、大きな差がない言葉とも言えます。

「お読みいただきありがとうございます」の敬語表現

「お読みいただきありがとうございます」で敬語として使うことができます。

「お読みいただきありがとうございます」の返答や返信例

感想を伝えるなどもありますがおもに口頭での返答で、印刷物などに記載されている場合返答は不要と言えます。

まとめ

「お読みいただきありがとうございます」という言葉はあとがきで使われ、インターネットでも使用例が多くなっています。

ビジネスの場では資料に目を通したという意味合いが含まれます。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました