「度々すみません」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「度々すみません」とは?ビジネス用語【一語】

「度々すみません」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「度々すみません」とは?

これは、何度も申し訳ないという意味で使用される言葉です。

「度々」は、同じような行為が繰り返される様子を表します。

つまり、何度も同じような行為が生じる様子を、ここでは「度々」という言葉で表現しているのです。

さらに「すみません」は、相手に対して引け目を感じるような気持ちを表したものになります。

そしてこれは、「申し訳ない」と同じような意味を持つのです。

なお、「すみません」は口語表現であるため、使用する場面や状況には注意するとよいでしょう。

これらのことから、この言葉が何度も申し訳ないという意味で使用されるものだと分かるのです。

「度々すみません」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある仕事を先輩に頼んだとします。

そしてその日は、既に同じような仕事を何度も依頼していたのでした。

このようなケースで、「同じようなことを、度々すみません」と伝えるとよいでしょう。

これにより、何度も申し訳ないという内容を、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「度々すみません」の表現方法に注意するべきです。

これは「何度もすみません」「繰り返しすみません」などが類似表現になります。

また、「度々申し訳ございません」などに言い換える事もできるのです。

このように、同じような意味であっても、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「度々すみません」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『本日は、度々すみません』
・『同じようなことを、度々すみません』
・『お忙しいところ、度々すみません』

「度々すみません」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「度々すみません」の類似表現

たとえば、「何度もすみません」「繰り返しすみません」が類似表現になります。

これはどちらも、「度々すみません」と同じような意味で使えるのです。

「度々すみません」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「度々申し訳ございません」に言い換えできます。

まとめ

このように、何度も申し訳ないという意味で、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。