「来週あたり」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「来週あたり」とは?ビジネス用語【一語】

「来週あたり」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「来週あたり」とは?

これは、「来週くらい」と同じような意味で使用できる言葉です。

ここでの「あたり」は、「来週」という言葉を曖昧にするために使用されます。

たとえば、「来週実施しましょう」とすれば、来週中のどこかで実施することを表現できます。

しかし、「来週あたり実施しましょう」とすれば、来週か、もしくはその前後で実施する様子を言い表したものになるのです。

このように、対象となるものに少し幅を持たせるような意味で、「あたり」という言葉が使用できます。

これらのことから、この言葉が「来週くらい」と同じような意味で使用できるものであると分かるのです。

「来週あたり」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある会議を設定しようとしていたとします。

すると上司から、いつごろ会議を開催する予定かと、質問されたのでした。

このようなケースで、「会議の開催は、来週あたりで考えています」と伝えるとよいでしょう。

これにより、来週かその近辺で開催することを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「来週あたり」の表現方法に注意するべきです。

これは「来週くらい」に置き換えできます。

また、「来週をめどに」のように表現する手段もあるのです。

このように、同じような内容でも少し違う形に言い換えて使用できると分かります。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「来週あたり」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『来週あたりで考えています』
・『来週あたりに実施するつもりです』
・『来週あたりで都合の良い日を教えてください』

「来週あたり」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「来週あたり」の類似表現

たとえば、「来週くらい」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「来週あたり」の敬語表現

これを単独で敬語に言い換える事はできません。

これを敬語にする場合は、組み合わせる言葉で工夫するべきなのです。

たとえば、「来週あたりでございます」にすると、丁寧語を使った表現になるのです。

まとめ

このように、「来週くらい」と同じような意味で、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。