「機会をもらう」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「機会をもらう」とは?ビジネス用語【一語】

「機会をもらう」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「機会をもらう」とは?

これは、何かの機会を与えられる場面で使用される言葉です。

「機会」は、「何かに適した場面」のような意味を持ちます。

これは、「チャンス」などに言い換えたほうが分かりやすいと言えるのです。

また、「もらう」は相手から何かを与えられるような行為になります。

ここでは「機会」を相手から与えられる様子を、「機会をもらう」と表現しているのです。

たとえば、「発表の機会をもらうつもりです」という使い方ができます。

これらのことから、この言葉が何かの機会を与えられる場面で使用されるものであると分かるのです。

「機会をもらう」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある顧客に提案したとします。

しかし、今回の提案は失敗に終ってしまったのでした。

このようなケースで、「次の機会をもらうことにしました」と伝えるとよいでしょう。

これにより、もう一度チャンスを与えられると、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「機会をもらう」の表現方法に注意するべきです。

これは「機会をいただく」で謙譲語になります。

また、丁寧語で「機会をもらいます」と言い換える方法もあるのです。

さらに、「チャンスをもらう」と言い換えてもよいでしょう。

このように、同じような内容でも、様々な形に言い換えて使用できると分かります。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「機会をもらう」を使った例文

例文のように、前後に適した言葉を付け加えると、自然な使い方ができるようになるのです。

・『できるだけ機会をもらうべきだと思います』
・『新たな機会をもらうことになりました』
・『次の会議で、機会をもらうとよいでしょう』

「機会をもらう」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「機会をもらう」の類似表現

たとえば、「チャンスをもらう」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「機会をもらう」の敬語表現

これを敬語表現にすると、「機会をいただく」に言い換えできます。

なお、これは謙譲語を使った形になっているのです。

まとめ

このように、何かの機会を与えられる場面で、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。