スポンサーリンク

「ご多忙のところ」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご多忙のところ」とは?ビジネス用語【一語】

「ご多忙のところ」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご多忙のところ」とは?

はじめに「ご多忙のところ」の意味を解説していきます。

「多忙」「たぼう」と読み、「忙しいが多い」との漢字で構成される言葉です。

そのことから、「非常に忙しい」との意味で使用されます。

なお、これに「ご」を付けて、「ご多忙」とすることで、丁寧な表現にしています。

また、「ところ」という言葉には、特定の場面や時点を意味する用途があります。

このことから平易な言葉で意訳すると、「大変忙しいタイミングで」という内容を意味する言葉だといえるのです。

「ご多忙のところ」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「ご多忙のところ」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが上司にメールで依頼するとします。

しかし、あなたの上司は大変忙しい人なので、依頼するのは気が引けます。

このような場合には、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」と、一言添えるとよいでしょう。

急に本題に入るよりも、相手に対して丁寧な印象を与えるはずです。

また、自分が申し訳なく思っている様子を、同時に伝えられるのです。

この言葉を使う場合の注意点は、類似表現の選択です。

「お忙しいところ」のほうが分かりやすいですが、「ご多忙のところ」のほうがフォーマルです。

相手と自分の関係に応じて適切なものを、注意して選択する必要があると言えるでしょう。

「ご多忙のところ」を使った例文

ここでは「ご多忙のところ」を使った例文を挙げていきます。

例文のように、「申し訳ない」を示す言葉と組み合わせて使用するのが分かりやすいでしょう。

・『ご多忙のところ恐れ入ります』
・『ご多忙のところ大変恐縮でございます』
・『ご多忙のところ申し訳ございません』

「ご多忙のところ」の類語や敬語での言いかえ

それでは「ご多忙のところ」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「ご多忙のところ」の類似表現

まず「ご多忙のところ」の類似表現について解説します。

「ご多忙のところ」「お忙しいところ」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「ご多忙のところ」の敬語表現

つぎに「ご多忙のところ」を別な敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「ご多忙かと存じますが」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「ご多忙のところ」は、相手の忙しい状況を気遣った、非常に丁寧な表現の一つです。

しかし、より分かりやすい「お忙しいところ」などの表現もあるため、状況に応じた使い分けが必要だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました