スポンサーリンク

「先日はお世話になりました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「先日はお世話になりました」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では、ビジネスシーンでしばしば使われる言葉の「先日はお世話になりました」について、その意味や使い方や言い換え等を分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「先日はお世話になりました」とは?意味

「先日はお世話になりました」における「先日」とは、まだ記憶に新しい「少し前の日」を意味する言葉です。

また「お世話になりました」「世話」は、「面倒をみることや、手間がかかる厄介なこと」を意味する言葉なので、「お世話になりました」「手間がかかる厄介なことをしてもらった」との意味になります。

この言葉は、「お世話になった感謝の気持ち」が込められた表現と言えます。

従って、二つの言葉を繋いだ「先日はお世話になりました」とは、「少し前の日に、手間がかかる厄介なことをしてもらって、感謝しています」と言った意味になります。

「先日はお世話になりました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先日はお世話になりました」は丁寧な表現なので、目上の人や上司にも使うことが出来ます。

また「お世話になりました」はビジネスシーンでは形式的な挨拶として使われることもあります。

しかし、そこに「先日は」と具体的に「お世話になったタイミング」を入れた表現なので、それほど大きなことでなくても、何らかの「お世話になった」と言う事柄が思い起こされる場合に、使うべきフレーズだと言えます。

この「先日はお世話になりました」の表現は、会話でも使われますし、ビジネスメールや手紙等の文章でも、しばしば使われます。

この表現は、頻繁に交流のある人に使いますが、先日が初対面で、その際にお世話になったことに謝意を表す場合にも使わ ます。

従って、先日が初対面で、その時にお世話になったと謝意のメールを送る場合には、冒頭に「○○研修でご一緒させていただきました××です」と相手に誰であるかを明確に思い出してもらえる表記をし、その後に「先日はお世話になりました」と続ける配慮が必要です。

「先日はお世話になりました」を使った例文

・『先日はお世話になりました。お蔭さまでプレゼンは上手く終えることが出来ました』
・『先日はお世話になりました。発注ミスにご対応いただき、大変助かりました』
・『○○研修でご一緒させていただいた××です。先日はお世話になりました』

「先日はお世話になりました」の類語や言い換え

「先日」の類語としては、「過日」「先般」が挙げられます。

従って、「先日はお世話になりました」「過日はお世話になりました」「先般はお世話になりました」と言い換えることが出来ます。

まとめ

「先日はお世話になりました」とは、「少し前の日に、手間がかかる厄介なことをしてもらって、感謝しています」と言った意味になります。

このフレーズは丁寧な表現なので、前後の文章を敬語表現にすれば、目上の人にも使えるフレーズです。

タイトルとURLをコピーしました