「ご都合がよろしければ」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご都合がよろしければ」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「ご都合がよろしければ」のフレーズの意味やビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説します。

「ご都合がよろしければ」とは?

「ご都合がよろしければ」のフレーズにおける「ご都合」の読みは「ごつごう」で、「時間的な具合がよいか悪いかということ」を意味する「都合」に、敬意を示す接頭辞の「ご」が付けられた言葉です。

次の「よろしければ」「よろしい」に仮定を表す「れば」が付けられた表現で、「よろしい」「よい」の丁寧な表現です。

したがって「ご都合がよろしければ」のフレーズは「時間的な具合がよければ」といった意味の敬語表現となります。

「ご都合がよろしければ」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご都合がよろしければ」のフレーズは、相手の方に参加を頼んだり、何かを勧めたりする時に使います。

敬語表現なので、目上の方をイベントや記念式典などに招待する祭にも使えます。

日程が決まっていて、時間的に可能なら参加してほしいとお願いする際に使われるフレーズです。


「ご都合がよろしければ」を使った例文

・『〇月〇日の日曜日に弊社主催のイベントを開催します。ご都合がよろしければ是非ご参加ください』
・『ご都合がよろしければ、弊社の工場見学にお越しください』

「ご都合がよろしければ」の類語や敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「ご都合がよろしければ」の類似表現

「ご都合がよろしければ」の類似表現としては、「ご都合が合えば」「差し支えなければ」「可能であれば」「時間が許すようでしたら」等が挙げられます。

「ご都合がよろしければ」の敬語表現

このフレーズは敬語表現であり、逆に一般の表現に換えると「ご都合がよければ」となります。

「ご都合がよろしければ」の返答や返信例

多くの人が参加するイベント等なら、参加の可否を明確にせず、「お誘いありがとうございます。

都合がつけばお伺いします」
と返答すれば良いでしょう。

参加人数が少なく、人数に応じた準備の必要性があるような場合は、可否をはっきりとさせ「申し訳ございませんが、当日は予定がございますので、ご遠慮いたします」等と返答すべきと言えます。

まとめ

「ご都合がよろしければ」のフレーズは「時間的な具合がよければ」といった意味の敬語表現です。