「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」とは?ビジネス用語【一語】

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」とは?

ビジネスにおける使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」とは?

これは、相手にかけた迷惑の程度が大きい場合に使用される言葉です。

「多大なる」は、程度を強調するための言葉になっています。

これは、「多くて大きいこと」を言い表しているのです。

また、「ご迷惑をおかけいたしまして」は、「迷惑をかけて」を敬語にした形になっています。

これは、謙譲語と丁寧語を組み合わせた表現になっているのです。

なお、ここでは謝罪の言葉を組み合わせて、迷惑をかけたことに謝罪しているのです。

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」のビジネスにおける使い方、使うときの注意点

たとえば、ある企業への納品が遅れてしまったとします。

そしてその影響により、相手に損失を与えてしまったのです。

このような状況で、「この度は、多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」と言うとよいでしょう。

これによって、とても迷惑をかけたことに対して、謝罪の気持ちを伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「ご迷惑をおかけいたしまして」の表現方法に注意するべきです。

これは「ご迷惑をおかけしまして」に言い換えれば、謙譲語を使わない形にできます。

また、「迷惑をおけけして」のように簡素な表現にする事も可能です。

このように、同じような意味でも、複数の表現手段が存在します。

実際の状況に応じて、適した言葉を選ぶとよいでしょう。


「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」を使った例文

ここでは例文を挙げています。

このように、語尾の表現を変えるだけでも、印象の違う表現にできるのです。

・『多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした』
・『多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんでした』
・『多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳なかったと思います』

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」の類似表現

これの類似表現として、「甚大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」が挙げられます。

「多大なる」「甚大なる」は、同じような意味で使える言葉になっているのです。

「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした」の敬語表現

この言葉を別な敬語表現にすると、たとえば「多大なるご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんでした」に言い換える事が可能です。

まとめ

このように、相手にかけた迷惑の程度が大きい場合に、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使えますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。